講師紹介 化学科

エデュカ化学科の講師をご紹介いたします。

阿部 太朗あべ たろう

東京大学教養学部基礎科学科卒
筑波大学附属駒場高等学校卒
SEG にて1991 年から(途中5 年間会社員を経て)
化学を担当

私が高校生だった頃(があります。もう25 年程前にはなりますが)世界ではベルリンの壁の崩壊があり,個人的には腕を骨折したり,付き合っていた人から振られたりと,肉体的にも精神的にもボロボロの状態で入試を迎えることになりました。
でも,入試の結果には全く影響はありませんでした。
少なくとも勉強は「自分だけの」努力で成果が残り,裏切られることはありませんヨ。そんな皆さんの努力を少しでも支えられればと思っています。

阿部 太朗

東京大学教養学部基礎科学科卒
筑波大学附属駒場高等学校卒
SEG にて1991 年から(途中5 年間会社員を経て)
化学を担当

私が高校生だった頃(があります。もう25 年程前にはなりますが)世界ではベルリンの壁の崩壊があり,個人的には腕を骨折したり,付き合っていた人から振られたりと,肉体的にも精神的にもボロボロの状態で入試を迎えることになりました。
でも,入試の結果には全く影響はありませんでした。
少なくとも勉強は「自分だけの」努力で成果が残り,裏切られることはありませんヨ。そんな皆さんの努力を少しでも支えられればと思っています。

川原 龍人かわはら りゅうと

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
同大学工学部化学生命工学科卒業
暁星高校卒業

化学ほど世間から誤解を受けている科目はないかもしれません。化学は役に立たない!暗記科目!と思われることが多いようです。
しかし、本物の化学には、「なぜ」があり、論理があり、そして化学が社会にどう役立っているのかという「物語」があるのです。本物の化学は、思考が非常に重要な科目です。
そして本物の化学は、将来の医療やエネルギー問題など、社会問題を解決する鍵を提供してくれる科目ですらあります。このような化学はとても奥深く、迫力ある学問です。大学入試に対しては最強の武器になります。騙されたと思って、一度授業を覗きに来て下さい!

川原 龍人

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
同大学工学部化学生命工学科卒業
暁星高校卒業

化学ほど世間から誤解を受けている科目はないかもしれません。化学は役に立たない!暗記科目!と思われることが多いようです。
しかし、本物の化学には、「なぜ」があり、論理があり、そして化学が社会にどう役立っているのかという「物語」があるのです。本物の化学は、思考が非常に重要な科目です。
そして本物の化学は、将来の医療やエネルギー問題など、社会問題を解決する鍵を提供してくれる科目ですらあります。このような化学はとても奥深く、迫力ある学問です。大学入試に対しては最強の武器になります。騙されたと思って、一度授業を覗きに来て下さい!

吉久 寛よしひさ ひろし

群馬大、東京理科大でも教えていました。
大阪生まれ→SEG(麻布中・高)
→東大(工学部・大学院応用化学専攻)
→東京大学博士(工学、非平衡化学)

ゲームをしたり、ディズニーランドに行くことはとても楽しいこと(僕も好き)ですが、実は他人の作った娯楽に乗っかっているに過ぎません。
学問を理解して手に入れていくと、自分の頭(と紙とペン)で、興奮や感動を創り出すことができるようになります。点数の為にだけ学ぶのではなく、楽しさの為に学ぶと、たぶん人生はhappy だと思います。
僕はSEG で学んでhappy になれたので、今度はみんなにも、と思って講義をしています。

吉久 寛

群馬大、東京理科大でも教えていました。
大阪生まれ→SEG(麻布中・高)
→東大(工学部・大学院応用化学専攻)
→東京大学博士(工学、非平衡化学)

ゲームをしたり、ディズニーランドに行くことはとても楽しいこと(僕も好き)ですが、実は他人の作った娯楽に乗っかっているに過ぎません。
学問を理解して手に入れていくと、自分の頭(と紙とペン)で、興奮や感動を創り出すことができるようになります。点数の為にだけ学ぶのではなく、楽しさの為に学ぶと、たぶん人生はhappy だと思います。
僕はSEG で学んでhappy になれたので、今度はみんなにも、と思って講義をしています。